今月の言葉「物言えば 唇寒し 秋の風」

今月は松尾芭蕉の句から。

「人の悪口(短所)を言うと、後味の悪い思いをする・・・。それはまるで秋の冷たい風が口から入るように、寒々とした気分になるようなものだ」という戒めの句。

お釈迦の教えである八正道にも

①正しい見解(正見)、②正しい思惟(正思)、③正しいことば(正語)・・・

とあります。今年の秋は「正しい行いとは何か」を常に考えつつ、大切に過ごしたいものですね。

――善きことを申せば人のためとなり、世のためとなる。悪しき口をたたけば人に憎まれ世にしかられる。恐るべきは口の位なり――(福田行誡上人)

南無阿弥陀仏