不動明王の御開帳5月28日

長岡不動堂の本尊を御開帳いたします。皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

【期日】5月28日(金)

【法要時間】1座目:10時~ 2座目:13時~  

※当日限定の御朱印あります。

【不動明王像について】

もとは東吾妻町郷原にあった正学院(修験寺院)の本尊で、明治30年代に現地に引き移されたと考えられています。本年1月、この尊像は胎内の木札から安政3年(1856)、原町に住む大仏師法玄山口遊山によって制作されたものとわかりました。

大般若経600巻公開

今からちょうど220年前の享和元年(1801)に、旧蟻川村の住人らによって塩平観音堂に奉納された大般若経600巻。

昔はどの村々でも疫病退散、五穀豊穣の祈りが捧げられていました。当時の人々が繋いでくれた命、そして幸せな暮らしを思う心を大切にしたいものです。

※この大般若経600巻は、昭和39年(1964)に蟻川戸主会から譲り受けて伝来したものです。

清見寺の聖徳太子像

今年は聖徳太子1400年の遠忌にあたります。
当山にも聖徳太子信仰が伝えられております。
客殿の床の間に安置いたしますのでご参拝ください(お盆まで)。

清見寺聖徳太子像
像高40㎝、江戸時代後期作

帰ってきたおびんずる様

帰ってきたおびんずる様

昨年秋、修復の旅に出かけたおびんずる様(賓頭盧尊者像)。
きれいになって帰って来ました。
自分の体の具合が悪い箇所をなでると治ってしまうという不思議な力を持った羅漢様。

コロナ禍の今、素手で撫でるのも気になるので、オリジナル白手袋を用意いたしました。

おびんずる様のハンコは高崎述章堂の上原菜摘さんに制作を依頼。

オリジナル白手袋は持ち帰って病気平癒のお守りになります。
ぜひご参拝ください!

不動明王の胎内から文字見つかる

清見寺境内の不動堂。
明治期にどこからか移転されたもの、とは推察していましたが、本日その謎が解けました!
不動明王の胎内に木札が…。
吾妻郡郷原にあった修験寺院正学院のご本尊と思われます。。
詳しくはこれから調査していきます。

大般若経600巻

この大般若経600巻は中之条町蟻川地区に伝えられたもの。享和元年(1801)、旧蟻川村の人々約150名が施主となって奉納されました。各経巻に名前が記されています。当山では毎年法要は行いませんが、コロナウイルス退散を祈願して二十数年ぶりに木箱から出しました。