今日は彼岸入り

台風14号(温帯低気圧)にともなう雨がようやく止みましたね。とはいえ引き続き土砂災害に警戒しましょう!

さて今日は彼岸入り。本尊は客殿に安置されています。参拝は客殿へお回りください。

本堂の改修工事ももうすぐ終わりです。まもなく足場が撤去されます!

本日は境内奉仕清掃でした!

朝7時からの境内奉仕清掃、ご協力いただきました皆さまに感謝申し上げます。

毎年お盆前の日曜日に行っています。本日も100名以上のご参加をいただきました。

特に観音様の前や南庭園は作業する人が少なくて時間がかかります。

最後まで進んでご協力くだいますお檀家さま、本当にありがとうございました!

境内清掃お世話になりました

今週木曜日(23日)、朝8:30から境内清掃をしていただきました。

年間行事予定を見て来てくださった方が10名もいました。いつも気にかけてくださってありがたいです。

お陰さまでとてもきれいになりしばらく草刈りしなくてもよさそうです。

本当にありがとうございました!!

今朝の桜

暖かな日が続きますね。

鐘楼わきのしだれ桜も見頃迎えました。こちらは八重紅しだれ桜。

ぜひお楽しみください。

桜が開花しました!

こちらは国道沿いの桜。

向こうに観音さまを拝することができます。

これから見頃を迎えます。ご参拝お待ちしております。

花手水かざりました!

本日花手水かざりました。

寒いので明日は凍るかもしれませんが。

でも長持ちしますのでお楽しみいただける期間は長くなります。

ご参拝お待ちしております!

お地蔵さまが喜んでます!

境内の六地蔵とお掃除小僧(ホウキを持つお地蔵さま)へ素敵な帽子とマフラーが贈られました。

なんと寒い冬に合わせてニット製です。お地蔵さまはきっと喜んでいらっしゃることでしょう。奉納された方はどなたかはわかりませんが、優しいお心遣いに感謝申し上げます。

ところで赤い帽子とよだれかけには次のような意味があるといいますが、皆さまご存じでしたか?

帽子とよだれかけは「子どもが元気に育ちますように!」との願いが、そして「赤色」は魔除けの意味があるとされています。

親より先に亡くなった幼い子ども達は、賽の河原で石を積んで功徳を積もうとします。そこへ鬼が現れてせっかく造った石の塔を金棒でこわしてしまうのです。

そこで子ども達は助けを求めてお地蔵さまの足下へすがるのです。こうして鬼にいじめられている子ども達を守ってくれるのがお地蔵さまなのです。だから昔から「子どもの成長を見守る菩薩さま」として信仰され、赤い帽子とよだれかけが奉納されるようになったのです。

今よりも幼くして亡くなる子どもがたくさんいた時代。「かわいい我が子が元気でありますように」と願っていた親心が伝わってくるお話です。