今月の言葉「〈本当に生きた日〉は人によってたしかに違う」

今月の言葉「〈本当に生きた日〉は人によってたしかに違う」

―茨城のり子「ぎらりと光るダイヤのような日」より

もしも今、人生を終えるとしたら、皆さんにとって〈本当に生きた日〉はいつでしょうか?

それは生きていてよかったと思える幸福な日かもしれないし、命の危機に直面した瞬間であったりするかもしれません。ただよく考えてみると〈本当に生きた日〉は意外と少ないものだといえます。

そうした日々は人間にとって大切な物だとは思いますが、もちろん自ら求めようとしても得られるわけではありません。では私たちにできることは何か?

平凡な日常の暮らしが、ひょっとしたら将来「ぎらりと光るダイヤのような日」になる可能性もあるのではないか・・・?。そう思うと「今」がとても大切に感じられます。

目の前のことを「ただ」行うのではなく、「有り難いこと」と受けとめて、一生懸命取り組むことが、将来「ぎらりと光るダイヤのような日」だったと思える一つの道のように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です