今月の言葉「弥陀の浄土へ導かれ 蓮のうてなに招かれて」

「弥陀の浄土へ導かれ 蓮のうてなに招かれて」(「浅間山噴火大和讃」より)

群馬県北西部と長野県にまたがる浅間山は、1783年(天明3)の4月から断続的に噴火活動を続け、旧暦7月8日(新暦8月5日)、ついに大噴火を起こしました。死者1500名以上という有史以来最大の噴火でした。

とくに嬬恋村の鎌原(旧鎌原村)は土石なだれによって、人口570人中死者477人という甚大な被害を受けました。「浅間山噴火大和讃」(滝沢対吉原作・鎌原司郎補正)は、その災害を後世へ語り継ぐために明治初年に作られたといわれています。今月の言葉はその和讃の一節です。

「弥陀の浄土に導かれ 蓮のうてなに招かれて」

(阿弥陀さまのお力によって極楽浄土へ導かれ、蓮台に招かれて、みほとけと同じように乗せていただけて・・・)

※念仏を称えれば阿弥陀さまの本願力によって、極楽浄土に蓮の花(蓮台)が開き、乗ることができるという浄土信仰の教えに基づく

大切な家族を亡くして悲しみに暮れながらも、「阿弥陀さまのお浄土へ必ず救われる」ことを願い、力強く生き抜いた人々の様子が伝わってきます。

間もなく噴火から240年の節目を迎えます。自然の驚異を知り、決して災害を風化させず、後世の人々へ正しく伝えていきたいものです。

※国道沿いの掲示板の言葉について解説しています

クラウドファンディング目標金額100%達成!

本日、目標金額の100%(350万円)を達成しました。

このプロジェクトにご支援いただいた皆さまに感謝申し上げます。

「得体の知れない妖怪カシャ(火車)に立ち向かう、勇気と祈りを多くの方々へ届けたい」との思いでスタートしたこのプロジェクト。コロナ禍にある人々の生活を少しでも明るくしていけるよう、これかも8月17日のゴールまで走り続けたいと思います!

引き続き応援のほど、よろしくお願いします。

午前は赤ちゃんの集い「まどカフェ」、午後は「写経」

昨日(28日)の午前中は、赤ちゃんの集い「まどカフェ」で場所を提供。

参加者は一組のみ。のんびりしていたら寝ているところしか撮れませんでした。

午後は写経。外は暑いけど、中はエアコンを聞かせているので心地よい。皆さん集中して写経に取り組んでいました。

境内清掃お世話になりました

今週木曜日(23日)、朝8:30から境内清掃をしていただきました。

年間行事予定を見て来てくださった方が10名もいました。いつも気にかけてくださってありがたいです。

お陰さまでとてもきれいになりしばらく草刈りしなくてもよさそうです。

本当にありがとうございました!!

妖怪カシャ(火車)について

現在クラウドファンディングに挑戦中の「妖怪カシャ退治プロジェクト」。

その「妖怪カシャ」について、もう少し詳しく知りたいという方のために、アップデート記事を掲載しました。

下記URLをクリックするとご覧いただけます。ぜひご一読ください!

https://motion-gallery.net/projects/seikenji-nakanojo/updates/41679

花仙さんの太神楽と釈亭さん鯉さんの講談大盛況

本日、花仙さん(丸一仙翁社中)による江戸太神楽、釈亭さん鯉さんによる講談の会がありました! 

曲芸ごとに花仙さんと会場のみなさんとの一体感が増しとてもいい雰囲気でした。

そして花仙さんの笑顔もステキでした。また中之条に来てくれるとうれしいです。

釈亭さん鯉さんの「カシャ退治伝説」はオリジナル講談このプロジェクトのために自ら書き下ろしてくださいました。後半部分のカシャと戦う場面が聞きどころ次第に物語に吸い込まれてしまいます。

7月24日は神田松鯉師による「カシャ退治伝説」、そしてもう一席はお楽しみ。

人間国宝の講談が二席聞けて、しかも無料!!

おすすめです。

お申込お待ちしております!

永代供養のご回向をしました

本日朝9時より当山でお預かりしております永代供養諸霊位のご回向を執り行いました。

仮本堂となっている客殿でご供養をした後、西墓地にある永代供養墓にお参りしました。毎年6月の第1日曜日に執り行っております。ご参列を希望される方は当山までご連絡ください。

今月の言葉「心眼でしか観えぬものがある」

私たちは自分の目で見ているもの全てが正しいと思い、見えたものに基づいて行動したり発言したりする。

「自分の考えは正しい」と自信を持つことはもちろん大切であるが、でもどうだろう?もともと人はそれぞれが生まれた時から違う環境に育ち、見たり感じたりすることも当然違うのである。

だからこそぶつかり合うのである。子どもなら「けんか」、それが国どうしの「けんか」なら「戦争」ということになる。いつの時代になっても解決しない問題である。

私たちは生まれつき違うものをもって生まれてきた。そのことを自覚し、今自分の目で見ているものだけで判断すべきではない。

仏さまや菩薩さまの眼は物事をありのままに見ることができるが、人間にはそれができない。なぜなら心が煩悩に覆われていて正しい判断ができないからである。いつも汚れたフィルターを通して物事を見ているに過ぎない。

時には自分の目を疑って、心の眼で物事を見つめ直すことも大切なのではないだろうか?

阿弥陀仏のその偉大なお姿と慈悲の光明は「心眼でなければ見られない」とお釈迦さまはおっしゃっています(『仏説観無量寿経』「第九真身観文」)。

それと同じように心の眼でもって世の中全ての人や物事を、ありのままに見られる努力をしたいものである。

※掲示板の言葉について解説しています

TETTAトークイベント開催される

5月29日(日)、清見寺客殿において「妖怪カシャ退治伝説の勇気と祈りの力を現代へ、そして未来につなぐプロジェクト」関連イベントとして「TETTAトークイベント」が開催されました。

当日は子どもを含むおよそ25名が参加し、TETTAさんによる「カシャ斬りの図」解説や仏像講座を熱心に聞き入っていました。

ご参加いただいた皆さま誠に有り難うございました。

なお、このトークイベントのライブ配信アーカイブがこちら↓になります!ぜひご覧下さい!

撮影:岡安賢一