気の遠くなるような時間

 今日はお寺ヨガでした。参加者17名。

 私たちの住む地球から、北の空に輝く北極星までの距離はどのくらい離れていると思いますか。答えは約9000兆キロメートル、または323光年離れているそうです。1光年とは一年間に光が進む距離のことですから、つまり今私たちが見ている北極星の輝きは、323年前のものということになります。日本の歴史で言えば忠臣蔵で有名な赤穂事件※ があった頃の輝きを見ていることになるのです。気の遠くなるような距離を超えて、私たちの目に届けられていると思うとたいへんありがたいものですね。

※1701年3月14日、浅野内匠頭が江戸城中において吉良上野介を切りつけたつけたことに始まる赤穂浪士討ち入りのお話

 さて、仏教ではもっと気の遠くなるような時間のお話になります。それは煩悩に覆われた私たちが菩提心をおこして覚りを得るまで(仏になるまで)には「三阿僧祇劫」という途方もない時間がかかるというのです。「阿僧祇」とはサンスクリット語で「無数」を意味する言葉、そして「劫」とは永遠といってもいいくらいの意味で、仏典によれば一辺が40里四方の大石を百年に一度天女が舞い下りてその大石を払い、摩滅して無くなってもなお尽きない時間であると喩えています。そんな劫が三阿僧祇も続くのだから、ほとんど永遠といってもよいほど、気の遠くなるような時間になるといえます。

 私たちも無始以来(始まりがないくらいの昔)生死流転を繰り返し、人間界に生を受けることができました。私たちは「オギャー」と生まれてから死ぬまでが全てだと思っていますが、実は前世、そのまた前世と「輪廻」してきた身の上にあります。その長大な時間において、自分に与えられた時間はほんのわずか、もっといえば一瞬といってもいいくらいなのです。時間はどんどん過ぎていくのです。

 杉山平一さんの詩「いま」に次のようにあります。

もうおそい ということは 人生にはないのだ

おくれて 行列のうしろに立ったのに

ふと気がつくと うしろにもう行列が続いている

終わりはいつも はじまりである

人生にあるのは いつも 今である

今だ

 人生にはもうおそいということはないんだなと思える素晴らしい詩だと思いませんか? 仏の道もそれと同じように、遅すぎることはありません。この瞬間から菩提心をおこして、大慈悲心をもって人に優しく、そして目標に向かって正しく生きようではありませんか。

お寺ヨガ5月12日

境内のツツジが見頃を迎えました。是非お出かけ下さい。

さて、5月のお寺ヨガは5月12日(水)10時~です。

【持ち物】タオル・ヨガマット・水筒

【参加費】500円

参加ご希望の方はご連絡ください。お待ちしております!

初物が来ると持仏がチンと鳴り

初物といえば初ガツオですかね。江戸っ子はたとえ高値であろうとも競ってこれを食べたとか…。

また初物を食べる時は東を向いて笑うということわざがあります。何でも大坂や京都の人は、江戸がある東の方角を向いて優越感に浸りながら初物を食べたことがその始まりだとか。その反対に江戸の人は西を向いて笑うんだそうです。

いずれにしても初物をいただく優越感、うれしさが伝わってくることわざです。

初物が来ると持仏がチンと鳴り

初物をいただいたらまずはお仏壇に手を合わせて、鐘をチンと鳴らす、そんなご家庭が昔は多かったことでしょう。

今は家庭に仏壇がない、とか時間が取れないという方もおありでしょう。その時は、ぜひあみださまやご先祖さまのいらっしゃる西方(極楽浄土)を向いて手を合わせてからいただきたいものですね。

清見寺の聖徳太子像

今年は聖徳太子1400年の遠忌にあたります。
当山にも聖徳太子信仰が伝えられております。
客殿の床の間に安置いたしますのでご参拝ください(お盆まで)。

清見寺聖徳太子像
像高40㎝、江戸時代後期作

参拝者で賑わった4日間

4月8日から頒布した限定御朱印のお陰で、大勢の方々にご参拝いただきました。限定御朱印が終了後は、「当山の御朱印(阿弥陀さま)はありますよ」ということで対応させていただきました。

来年は吾妻仏教会の花まつりが無事開催されることを願っています。新型コロナウィルスの一日も早い収束を願うとともに、皆さま方のご多幸をお祈りいたします。

今後ともよろしくお願いします。

最終日に参拝してくれた子どもたち

限定の御朱印初日で終わる

吾妻仏教会限定御朱印、清見寺分50部は初日で全て頒布終了となりました。

上毛新聞に掲載されたおかげで、ありがたいことに県内各地からご参拝をいただきました。まだ宗本寺さん、無量院さんは御朱印あるそうです。ぜひご参拝ください。

清見寺にご参拝いただきました皆様、次のお越しをお待ちしております!

お世話になりました。

花まつり(灌仏会)4月8日

お釈迦様の生誕を祝う花まつり(灌仏会)が4月8日に行われます。

本堂前にお釈迦様をお祀りして、甘茶をかけてお祝いします。

甘茶のサービスもありますので皆様ぜひご参拝ください。

時間:9時~16時半

寺ヨガ4月14日(水)です

次回の寺ヨガは4月14日(水)です。

ご参加お待ちしております。予約はお電話またはメールにて受付中。

℡:0279-75-2396 E-mail:naka.seikenji@gmail.com

今日の裏庭の様子を撮影しました↓