いわびつ潜龍院最後の法印、禰津岩雄の墓

潜龍院跡

今から約540年前の天正10年(1582)、真田昌幸は武田軍の立て直しを図るため、岩櫃山麓古谷の地への退却を進言するも、実現せず武田勝頼は自害し、ここに武田家は滅亡しまいました。真田昌幸が勝頼を迎えるために建てた御殿は真田の一族である禰津昌月が譲り受け、自ら潜龍院と称して修験者となったとわれています。

清見寺にはその潜龍院最後の法印、禰津岩雄(潜龍院第15世幸道の子)の墓があります。岩雄は法印として鳥頭、川戸の二社の別当職を勤めていましたが、慶応4年(明治元)、新政府により出された神仏分離令によって修験道は禁止となり、その職を解かれ、権少講に任ぜられて鳥頭神社の祠掌を勤め、明治26年9月2日、60歳で没しました。

潜龍院は明治17年に廃院となり、護摩堂は原町顕徳寺本堂として移築されました。

江戸から明治へと時代の転換期を生きた一人の人物の墓から、時代を超えて遠く戦国時代をも偲ばせてくれます。

禰津岩雄の墓

※岩雄の父幸道(潜龍院15世、安政4年没)の位牌が本堂に安置されています。

第15世禰津幸道の位牌

※岩雄の墓の左隣には、小谷春樹(岩雄の二女繁美の夫。高知県生まれの医師。明治24~5年頃に中之条町に医院を開業。明治30年9月20日没。享年31歳)の墓が建っています。

いつもやさしさに包まれていることを忘れずに

清見寺の大蓮華

以下は本日のお寺ヨガ後のお話です。

子どもの時、家に帰るとお母さんやお父さんが待っていて、「ああ、ほっとしたなあ」と思ったことはありませんか?

「わが心いたく傷つきかえりこぬ うれしや家に母おわします」(吉井勇)

たとえ傷ついて家に帰ったとしても、家には母がいて、その母の愛情に包まれる喜びを感じさせてくれる歌です。小さい頃、このような経験がある方も多いと思います。

子どもでなくとも、疲れ果てて家に帰った時、あたたかい家族に包まれることは本当に幸せだなあと思いますね。そんな家があるからこそ一日を頑張って過ごすことができます。

それと同じように、一日を人の一生に喩えるとどうでしょう?一生を終えた時、母と同じようにやさしく包みこみ守ってくれる極楽浄土の阿弥陀さまが待っていらっしゃるとしたら。

「いろいろあったなあ。楽しいこともあった。でもつらいこともあったなあ。これで最期だ。いよいよ自分も旅立つんだ」という時に、お母さんのやさしい眼差しに包まれ、守られるのと同じように、決して見捨てないみ仏のやさしい眼差しに包まれるとすれば、幸せなことだと思いませんか?

たとえ苦しいことや悲しいことがあったとしても、み仏は決して見捨てません。そんなみ仏がいつも見守っているからこそ、自分の人生を頑張って過ごすことができるのではないでしょうか。

清見寺の本堂前にある大きな蓮台(大蓮華)は、極楽へ往生(※)したらどんな気分だろうかと瞑想するとともに、「いつも阿弥陀さまのやさしさに包まれ、守られているんだ」ということを再認識するためにあります。

暮らしの中で時には疲れ果て、生きることが苦しくなる時もあるかもしれません。そんな時、この蓮台に乗り、自分が決してひとりぼっちではないことを実感していただけたら幸いです。

※往生とは南無阿弥陀仏の一念のうちに西方極楽浄土の蓮の花に生まれることをいいます。

退屈しない心

「あー退屈だなあ」という時はどんな時でしょう?

例えば、おしゃれなカフェできれいな女性と2人きりで話をしていたとします。
目の前の女性から「なんだかあなたの話は退屈だわ!」と言われたら、立ち直れないくらいショックを受けることでしょう。今では「退屈」とは「つまらない」を意味するからです。

しかし仏教では、「退屈」とは目標、目指すべき道から逃げ出すことを意味します。菩薩が覚りの道を何が何でも歩み続けようと固い決意で臨んでみたものの、無限の広がりを持つ仏の世界を前に途方に暮れ、自分には到底成し遂げることができないと思った時、文字どおり「退き屈してしまう」ことになります。もとはこのことを意味します。

だからといって、先ほどの女性に「人の話を最後まで聞けないのは負けを認めて逃げ出すようなものだ!」とえらそうに言ってはいけません。おそらくもっと嫌われるに違いないでしょう。
自分の話がつまらなかったことを素直に認め、もっと興味を持ってもらえるように工夫したいですね。

自らの内面を磨き、決して退屈せず、勇猛不退の決意で臨みたいものです。

※この文章は国道沿いの掲示板「今月のことば」について書いています

秋のお彼岸(25日まで)

おはぎをお供えして合掌

お墓参りはお済みですか?

今年の秋分の日は22日。太陽が真西に沈むこの日を中心にした1週間は、昔から極楽浄土を思い、自らを省みて行いをただし、ご先祖さまを供養する期間です。

煩悩により正しく見たり考えたりできない私たち。何が正しいか人それぞれ異なることもあるでしょう。

しかし真実は1つ。仏さまに手を合わせ、時には身も心もゆだねてみてはいかがでしょうか?

娘が作ったお供えのおはぎ

無縁墓(むえんぼ)こそ大切。みんなで手を合わせましょう!

無縁墓(全景)

この度無縁のお骨を埋葬する納骨室が完成しました。
無縁のお骨とはいえ、ご供養は大切です。

なぜなら「自分」も「他人」も区別しない清らかな心こそ、み仏の道に繋がるからです。

浄土宗で毎日お唱えするお経(総願偈)に
「自他法界は利益を同じくし、共に極楽に生じて仏道を成ぜん」
(生きとし生けるものすべてが自分も他人も等しくご利益を得て、ともに極楽に生まれて仏道を完成させましょう)
とあります。

誰にとっても「自分」が一番大事です。でもその心は「自分さえよければそれでよい」という自分への執着(しゅうじゃく)の心となります。病気になって死が近づくと自分の体への執着の心は一層増すばかりです。それは苦しみの原因、煩悩(ぼんのう)といえるでしょう。

だからこそお釈迦さまは「自分」のことばかり大切にしていてはいけないとお説きになられたのです。一人でも多くの人が「他人」を思いやることで、この世の中は少しずつ安らいた世界になっていくはずです。

難しいことですが、その道を歩むのが「菩薩」の道です。観音さまやその他すべての「菩薩」さまは「さとり」を求めて修行に励むとともに、苦しむすべての人々を救うことを「誓願」(お誓い)となさいました。そのため今も苦しむ人々を救い続けてくださっているのです。

前述のお経(総願偈)のすぐ前の句は、
「菩提は無上なれども誓って証せんことを願う」
(さとりの道はこの上もなく遠いものであっても必ずそれを体得すると願います)
です。

私たちは苦しみの原因となる煩悩の火を滅し尽くそうとする志を持ち、どんなに遠いものであっても一歩ずつさとりへの道を歩みたいものです。

「なむあみだぶつ」と阿弥陀さまのみ名を称えて共に仏道を歩みましょう。

無縁墓工事1

無縁墓2

今日のお寺ヨガのお話

今日はお寺ヨガがありました。ご参加いただきありがとうございました!

ヨガが終わったあと、少しだけ次のようなお話しをしました。

毎年この時期になると台風による豪雨災害が深刻です。先日の台風10号も予想より勢力が弱まったとはいえ、残念なことに死傷者が出てしまいました。昨今の気象環境の変化により、自然災害に備えていたとしても想定をはるかに超えることもあり、災害から命を守ることがとても難しくなっているといえるでしょう。

さて、昔から私たち人間は自然災害や疫病流行などのあらゆる災禍に遭遇しながらも、それと戦い、乗り越えようとしてきた歴史があります。先人たちがあらゆる苦難に直面した時、人間の力をはるかに超えた存在を信じ、神や仏に祈りをささげることで恐怖や不安を取り除き、立ち向かう勇気に変えてきました。今も各地に伝わる祭りは先人たちの知恵と勇気の結晶といえるでしょう。

中学校で教える道徳科の学習指導要領(生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること)には、「美しいものや気高いものに感動する心をもち、人間の力を超えたものに対する畏敬の念を深めること」とあるように、今も中学校では「人間の力を超えたもの」(学校では宗教的なことは教えないので神・仏とは記さないが)への「畏れ敬う心」を深める指導をすることになっています。

コロナウィルスによる社会生活の変容によって、私たちは不安な毎日を送っています。そんな私たちは今、神仏を敬い、祈りを捧げる心こそ大切にしなければならないのではないでしょうか。

浄土宗の根本経典のひとつである『仏説無量寿経』に次のように説かれています。

「天下和順(てんげわじゅん)日月清明(にちがっしょうみょう)風雨以時(ふうういじ) 災厲󠄂不起(さいれいふき)」

(天下太平で天体上の災難なく清らかで明るく、風や雨が時に応じて適度であり、災厲(天災や疫病)起こらず)

お寺では昔から平和な世の中がいつまでも続くことをねがってこの句が大切に読誦されてきました。

祈ることは決して恥ずかしいことではありません。自分が弱いからでもありません。祈ることによって自分の力ではどうにもならないことをきちんと受け入れ、正しく物ごとを見つめ、生きる力を与えてくれることでしょう。どうか祈りを大切に。

花手水

玄関の水鉢にお庭のお花を浮かべてみました。

色鮮やかで、気持ちも華やぎます。

玄関左手にあります。

ぜひご覧ください。

次の写経は9月22日(秋分の日)

次回の写経は秋彼岸の中日です。ご先祖さまへの感謝と共に自己の修養に写経はいかがですか。どなたでも大歓迎!

ご参加お待ちしております。

新型コロナウィルス感染防止対策として玄関やテーブルにアルコール消毒、室内の換気等を充分行います。

【時 間】午後1時~2時半

【持ち物】筆ペンの用意がありますが、好みの筆持参でもOKです。

【参加費】300円

【申込み方法】電話またはメールにて事前にお申し込み下さい。

℡:0279(75)2396

E-mail:naka.seikenji@gmail.com

※毎月第4火曜日に開催しております。